先進の検査技術で暮らしを支える会社
異物検査機とは

異物検査機とは、物の中に入り込んでしまって人の眼では見つけ難い異物を発見するための検査機です。
当社の異物検査機は、工場で生産・加工される食品や医薬品、樹脂材料などあらゆる物に混入した異物を検出する為に使われています。

企業理念・展望 Corporate Philosophy
システムスクエアの技術が、日本の、そして世界の「安心」を支えています。
果たすべき役割

 当社の主力製品である異物検査機(金属検出機、X線異物検査機など)は、高い安全性が求められる食品や医療分野を始め、高度な精密さが要求される電子産業などのさまざまな生産ラインにおいて、もはや欠くことのできないものになっています。

 食品を例にとれば、現代においては、おいしさとともに安全であることが大前提となっています。生産現場での安全確保は、最終消費者まで直結しています。ですから、異物検査機の持つ責任と使命は計り知れないほど大きなものがあると言えるでしょう。

 当社は、その責任をやりがいとし、皆さまの生活に確かな「安心」をお届けするというこの仕事に大きな誇りを持っています。

3つの理念を胸に

 大手企業が名を連ねる異物検査機業界において、当社は着実にシェアを拡大してきました。その根幹には、「魅力・情熱・信頼」という企業理念があります。

 固定観念にとらわれない柔軟な発想から生み出された、魅力ある商品。常にユーザーの立場に立って問題を見つめるという情熱。そして、細かな要求に素早く対応し、ご要望に真摯に応えることで培われてきたユーザーからの信頼。「魅力・情熱・信頼」という理念のもと、失敗から学び、努力を重ねてきたからこそ、現在の地位を築くことができたのです。

 当社はこれからも、現状に満足することなく3つの理念を胸に挑戦を続けていきます。

新社屋と共に、新潟から世界へ

 日本の名だたる大手企業にご利用いただいている当社のですが、今後は日本でのさらなるシェア拡大と世界への事業展開を、2019年4月に完成する新社屋と共に展開していく計画です。

 近年、異物混入に対する検査機のニーズは非常に高まっており、特に、アジアでは、中国、韓国、台湾、タイ、フィリピン、ベトナムに代理店を設置し、検査精度の高さと使いやすさで、当社の製品は多くのユーザーを獲得しています。

 また、2017年には、デンマークにも拠点を設置し本格的に世界展開を見据えています。

 食品の質と安全性に、世界の至るところで関心が寄せられている今、当社の事業は日本国内に留まりません。

 さらに高いレベルの検査技術が要求されるであろう将来に向け、技術革新を重ね、世界に魅力ある商品・技術を生み出していくこと。それが当社の目標であり、使命であると考えています。